資金繰り表の3つのスタイル

資金繰り表について。中小企業や零細企業では、事業資金を潤沢に保有しているケースは稀で、資金繰りで常に頭を悩ませている企業は少なくないでしょう。約束どおりの支払い・返済を続けることは自社の信頼維持のためにも特に重要で、経理担当者は入出金を常に注意していないといけません。資金計画が予定どおりに進捗しているか確認するためにも、資金繰り表の作成は必要不可欠と言えるのです。そこで資金繰り表の作成方法についてお教えてしたいと思います。

資金繰り表には次のような3つのスタイルがあります。

  1. 月次資金繰り表
  2. 日繰り表
  3. キャッシュフロー計算書をベースとした資金繰り表

資金繰りをしっかりと把握する為に非常に重要となってくる資金繰り表。このようなそれぞれのスタイルがあるのです。

  • 月次資金繰り表について
    このスタイルは月ごとに資金繰りを管理する方法になります。エクセルなどを使って自社でオリジナルの表を作っても良いでしょう。またインターネットなどから、テンプレートや雛形を拾ってきてそれを使っても良いと思います。一番一般的な資金繰りの管理方法となっています。
  • 日繰り表について
    このスタイルは日ごとに資金繰りを管理する方法になります。通常は月ごとで十分だと思うのですが、会社の資金繰りがあまり良くなり会社は日ごとに管理をする必要があると言えます。このような状態の時は、毎日の資金繰りを管理するために、日繰り表を利用するのが得策です。特に、月末の現預金残高が月商以下になることが多い場合は、日繰り表での管理を検討してみてください
  • キャッシュフロー計算書をベースとした資金繰り表
    資金繰り表を作成するのであれば、単に入出金を把握するだけでなく、資金繰りの問題点を見つけやすいスタイルが理想ですね。そこで、キャッシュフロー計算書をベースとした資金繰り表を考えてみます。キャッシュフロー計算書は、会計期間におけるキャッシュの増減を営業活動、投資活動、財務活動ごとに区分して表示する表です。これと同様に、営業収支、投資収支、財務収支の3つに分けて資金繰りを集計するのです。

資金繰り表と言っても、その会社の経営状態によって使い分ける必要があります。資金繰りはほとんどの会社で円滑には行っていない事が多いので、少しでも不安な会社では日ごとに資金繰り表を作るのが良いでしょう。このぐらいの事をしないと、いつ何時現金がショートしてしまうのか?がわかりません。現金がなくなってしまってからでは遅いので、時間も取られてしまいますが出来る限り細かく資金繰り表をする事をお勧めします。