資金繰り悪化の原因?

資金繰りやキャッシュフローの悪化と言うのは、一生懸命会社の事を考えながら仕事をしている経営者になればなるほど、早く気づくものです。早めに資金繰りの悪化に気づくことは非常に良い事です。ただそこからが大切なのです。ここでよくあるパターンとしては、なんでもいいから借金、融資、買掛金の支払いを待ってもらったりと金策に走ってしまう事が多いのです。

本当はこのパターンが一番良くないのです。資金繰りの悪化には必ず原因があります。その原因をきちんと把握した上で金策、対処をしていかないといけません。また同じ現象になるだけですし、借金をして逃れた場合は返済額が増えていることも考えられるのです。では資金繰りの悪化の原因を追究するのはどうしたら良いと思いますか?

一番大切な事は焦らない事。まずはこれです。すぐに銀行の担当者に連絡をしたり、話がつけれる取引先へ連絡をしたり。まずは一呼吸置いて、原因をしっかりと見つめながら考える事からはじめてください。

そして資金繰りの悪化の原因は、大まかに分けて以下の2つに分類されます。あなたの企業の資金繰り悪化は、どちらの原因に該当するでしょうか?

  • 会社が成長が早く仕入れなどの対応に無理が出てきている
  • 業績不振のため、資金が足りなくなってきた

大きくわけてこのような事が資金繰りを悪化させる原因となる事が多いと思います。会社が急激に拡大すると、人件費や仕入れ、その他いろいろな経費も一気にかさむものです。もちろん急成長しているのですから、悪い話ではありません。むしろ良い状態だとは思うのですが、急成長もまた資金繰りを悪化させる原因となります。

業績不振の為に資金繰りが悪くなる事に関しては、一番問題が多いですよね。売上をあげる新たな戦略も練らなくてはならないでしょうし、それに使う資金もない。四面楚歌といった気持ちになる事かと思います。

では会社の急成長による資金ショートの場合はどうしたら良いでしょうか?

これはズバリ、融資を受けてでも資金を用意することです。これさえ出来れば、会社はどんどん成長していきます。会社が拡大すると言うのは、この繰り返しですから。中小企業の場合では、しっかりとした事業計画書を作成し、日本政策金融公庫、取引のある銀行(信用金庫など)を中心に融資の相談を行います。成長しているという事ですので、事業計画もしっかりと作成出来ると思います。それをしっかりと融資先に説明し、説得できるレベルまで持ち込めれば勝ち!と言っても良いでしょう。

またこの反対で、業績不振の場合はどうしたら良いでしょう。

まず余分は経費の削除をします。時にはリストラも考えなくてはならないかもしれません。業績不振での資金繰りの悪化の場合は、特に融資だよりで乗り越えようとするのはひとまず置いておきましょう。後でもっと大きな波に襲われるかもしれません。在庫の処分や他に削れる部分を見つけてまずそれらを実践します。多少の融資は必要かもしれませんが、建て直しが出来るまでのつなぎ資金のレベルにとどめるのも大切な事です。そして業績を上げる戦略も練っていかなくてはなりません。営業力を向上させるとか、宣伝広告を新しいものに変更するなど。出来る限りお金を使わない方法で知恵を使うしかありません。

このように、資金繰りの悪化の原因には2パターンあり、前者の場合は金策で乗り越える。後者の場合は、ムダを省いてスリム化を計る。それから新たな戦略を練る。借入れについては最小限に。といった感じで資金繰りの改善を目指していきましょう。